直太朗と世相

 

森山直太朗の新しいアルバム『822』はジャケットもさることながら一曲目の群青から通しで聴き入ってしまうほど完成された2018年個人的マストなアルバムだ。

 

ぼかあ、評価されるすべての芸術(アート)は歴史芸術である。(という持論を持っている。)のだが、全ては人間の行なってきた歴史、文脈、コンテクストで評価される。音楽であれ絵画であれ俳句であれ、そのジャンル、の、文脈を理解し(または理解せずに)未来を見据えている(または未来の文脈を捉えている)(その眼を持っている者をアーティストと呼ぶのだろう)ものが芸術なんだと思う。

その芸術のライン、芸術の世界線と日常の世界線は0.000001%だけズレている。アーティストの生きる世界線と、パンピが生きてる世界線はほんの少しだけ違うとボカァ考える。

日常の世界線を俯瞰して見れる世界線があるのだ。

 

その世界線に辿り着くにはある種のしがらみから逃れる、というか達観するというか、ジョブズ的に言えば、なにかをするではなく、なにかを"しない"という選択(シュタインズゲートの選択)をしなければアトラクタフィールドの収束の犠牲になってしまう、ルーチンする日常の世界線

フォーク界のピカソである森山直太朗のアルバム『822』はシュタインズゲート世界線のアルバムであることは間違いない。

 

記憶に新しいRADWIMPSの『なんでもないや』から続く、直接性、触れることの希薄さ、肌と肌が触れ合うことを求めている、希求している、2018年式現代人の身体的感覚を一曲目の『群青』が完璧に再現、表現している。

 

2人の間を通り過ぎた風から、あれだけ沢山のことを思っている考えている感じている、感性を持ちながら僕らのいきつく答えは

 

"なんでもないや やっぱりなんでもないや"

(この後に"今すぐ行くよ"がつづくのだが)

なんだという衝撃。いや、マジで君の名は。

 

『群青』で繰り返される、

"あのね あのさ"

『なんでもないや』より身体的に近づいてはいるが(この後には結局"Hey Siri"がつづく!)いいあぐねる、気持ちを伝えきれない、ことばにしきれない、小田和正的コンテクスト!!ことばにできないわけではないが、世の男は心の中の小田和正を殺せ!!

 

仏の道で仏に出会ったら仏を殺せと爆発くん(太陽の塔おじさん・岡本太郎)は仰ったが。

 

去年(?)作ったbgnvlaにも"ねえ なんでもないよ"という歌詞を登場させたのは、そのコンテクストを感じたからなのだが、N太郎によって文脈が浮き彫りになった。

岡村靖幸が、"電話なんかやめてさ六本木で会おうよ"と具体を直接呼びかけるのに対して、現代のあのねあのさ、という抽象的な呼びかけ、具体から具体ではなく、具体から抽象へ、ワシらはLCLの海に浸かっているつもりか。

 

『わかりあえないことから』(平田オリザ)ではないが、他者対他者でなく、その"わかりあえないことから"ということばを今一度自分にぶつけてみるべきだ、誰かではなくいいあぐねた自分の心にあのね、あのさと"呼びかけて"やり、今すぐ会いにいってやるべきだとボカァ思ったんす。

 

俺と新垣結衣 3日目

f:id:ebinokoshimaru:20180830163150j:image

朝4時、結衣の泣き声で起きる。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163153j:image

 

台風だ。

 

結衣は小さいころから台風がゴオゴオと壁や屋根を叩く音が嫌いで、想像力豊かな結衣らしいが、今も大きな1つ目のおばけが屋根や壁を叩いてると思っているらしい。

雷が鳴った日には目も当てられない。

結衣は一日中布団の中から出てこないだろう。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163156j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180830163217j:image

 

確かに、風も強く雨も降り出してきた。

けれど行ってみないことにはわからない。

涙目の結衣を引きずってお寺へ向かう、

今日は6時間かけて急な斜面の山を登り山頂のお寺を目指す日なのだが、、

 

数十分ほど登って引き返した。

細い道で突風に荷物ごと煽られて滑落しそうになったからだ。

これからさらに風も強くなり雨も増してくるとなると、俺はともかく、結衣の身に何かがあったら、、

 

麓から街まで8kmほど歩く。

「戦略的撤退。戦略的撤退。戦略的撤退。」結衣はブツブツ呟きながら歩いていた。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180830163204j:image

 

ホテルの部屋のドア。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163147j:image

台風とは思えない天気。嵐の前の静けさ。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163159j:image

 

東京ガール。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163210j:image

 

カマタレコード。


f:id:ebinokoshimaru:20180830163207j:image

 

正しい営業時間のコンビニ。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180830163214j:image

 

地元の神さまにご挨拶。

 

久しぶりに結衣と2人でゆっくりとした時間を過ごしている気がする。お互い仕事で忙しく会えるのは24時を回ってからということが多かった。ここには夜景もシャンパンもないが、ゆったりと流れる"今"がある。こんな時間に人目を気にせず出歩ける気楽さ、自由がある。結衣も幼い頃に戻ったような、あどけない顔で街を歩いている。なんにも予定がないってことは案外幸せなのかもしれない。隣を歩いている結衣を見ているとそんなことを思う。

開いているお店もなかったのでコンビニでお弁当を2つ買ってホテルに戻る。

 

ホテルの女将さんと結衣と3人でテレビを観ながらご飯を食べる。お接待でお茶をいただく。南原清隆が刑事役のドラマだった。結衣は、ナンチャンさんは楽屋でも紳士的でとても優しいんだということを女将さんに話していた。

 

部屋に戻ってから

「明日は晴れるといいね。」って結衣にいう。

「そうだね。」って結衣が言う。

 

俵万智の短歌を思い出す。

『「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ』

 

そんなことを考えてたら気象予報を見ていた結衣が

「けど、良いお天気も悪いお天気もないよ!、、2人でいれば!」

「!!そ、そうだな!!」

 

いきなりでドキッとしたけど、たしかにそうかもしれない。いい天気もわるい天気も一緒にいる人次第というか、気の持ちようというか、とにかく、そういう気持ちにさせてくれる人と一緒にいるのは心地いいし、なにより気が楽だ。

 

夜中に何度か避難警報が街に鳴り響いていたが、よそ者の僕ら2人は手を繋いで眠った。

メリイクリスマス 水車のある公園

メリイクリスマス

 

不幸になるには力がいる。
幸福になるには勇気がいる。
無生物をレイ・アウトした水槽を観ている。
それは対岸のクリスマスツリー。
真っ黒のこおと。
身体を手放して。
手放すための手が手が、、
手が。


「死んじゃったら勿体ないっすよ。」
「そうだよなあ。」(そんなわけあるか!)←period


都会の二行詩の注釈。
どこにも行けぬことを誇りたい。
、人々。
約60年後。
ビルは都会ノートのヒトマス。
                  (の音)
金が無くては何処へも行けぬ。
はて?
果。
懐疑°会議して人は寝転ぶ寝転ぶ寝転ぶ。
金が無くては君に触れることもできぬ。
果て。
僕が触れる君は考えうる限り僕の妄想か?
そうだろう。
そうだろうな。
ヴァーチャルまたはイモタール。
そうだろう。
そうだろうな。
触れららる。
君の静かな決意。

 

 

 

水車のある公園


点在するヘリの欲情
空の織り成すコンテクスト
まだ右の方には朝があって
左の薄靄から月が覗くゆっくりを
君はいまだ知らない
頼ってしまえばいい
夏虫
近場の光はいつだって人工物だ
ほ、ほんとうに
尊い光は
手の届かないところにある
それは
たとえば
君の名前であったり

俺と新垣結衣 2日目

ぉ、、て、、、ぉき、、、、、きて、、おきて、、!

f:id:ebinokoshimaru:20180825201619j:image

 

んん、、、

なんだ、、新垣結衣か、、


f:id:ebinokoshimaru:20180825201542j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201614j:image

 

清々しい朝だ。

新垣結衣

「きよきよしい♪きよきよしい♪」

なんて変なリズムで口ずさみながらスキップしている。

 

結衣と一緒にいると心も足も軽くなってくる。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201546j:image

 

誰もいない朝の神社。

打ち捨てたられたようにも思える。

神様ももういないかもしれない。

ここには俺と新垣結衣しかいない。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201502j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201537j:image

 

ナスとニンジンと俺と新垣結衣

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201526j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201425j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201448j:image

 

今日はバイパスのあたりを歩いたり

 

川を何本か超えたりする。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201516j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201507j:image

 

徳島で初めて店に入った。

 

f:id:ebinokoshimaru:20180825201458j:image

 

煙草ふかしながらうどんを作ってくれる最高にファンキーなばばあの店だ。俺も新垣結衣もこういう店が大好きだ。

 

名物はたらいうどん。

たらいに少量の水と氷と煙草の灰とうどんが2玉入ってるぜ。

結衣は文句も言わずに美味しそうに食べていた。

俺は結衣のそういうところが大好きだ。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201420j:image

 

帰りぎわによもぎ餅を2つくれた。

結衣とありがとうございますとお礼をいって店をあとにした。

 

あとで2人で食べよう。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201433j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201629j:image

f:id:ebinokoshimaru:20180825201604j:image

 

なにを伝えたいかわからない看板。

 

「ほんとっそういう変なヤツ好きだよね!」

 

熱心に写真を撮ってたらうしろからドヤされた。

少しムッとした俺は、

 

「でもそんな変なヤツか好きな奴を好きな奴は〜〜?」

 

と返しってやった。

一瞬だけ考えて結衣は顔を赤くすると、物凄いスピードで先に行ってしまった。置いてかれた。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201444j:image


f:id:ebinokoshimaru:20180825201453j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201512j:image

 

荷物を降ろし川を見ながら20分ほど休憩する。

 

「さっきは冗談いってごめんな。」

 

いちおう結衣に謝っておく。

 

「べ、べつに、、冗談じゃないから、、いいよ。」

 

「え?」

 

だんだんと声が小さくなって聞き取れなかったので聞き返してしまった。

 

「なんでもない!」

 

これ以上は聞かないでおこう。川がきれいだ。

 

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201558j:image

 

すっげえクッセェ道

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201532j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201624j:image

 

日差しが真上から照らし続けるなか、まっすぐな道をひたすらに歩く。

日陰になるものがない道は、さすがに結衣もキツそうだ。

結衣に大丈夫?って聞くと、

 

「日焼け止め塗ってるから大丈夫!」

 

だって。

そういうことじゃないけど。

でも、結衣がそうならそれでいいか。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201438j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201522j:image

 

おしまいみたいな茶屋。

 

俺が結衣に

 

「おしまいみたいだねw」

 

って言うと

 

「もう終わってるよw」

 

って返された。

夕日とともに振り返ったその笑顔が眩しすぎて、俺はつい、

 

「南無大師遍照金剛。」

 

って、拝んじゃった。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201609j:image

 

お銭湯様のご厚意で止めていただく。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201551j:image

 

まさかのジェルボール

初めて使うぜ。

 

結衣も

 

「はじめて使う〜w」

 

と心なしか嬉しそうだった。可愛かった。

2人で汚れた服を洗濯して、乾燥機に入れた。楽しかった。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201429j:image

 

今日の寝るとこです。合掌。

俺と新垣結衣 1日目

俺と新垣結衣は付き合って半年になる。

新垣結衣はいつも俺より早く起きて朝ごはんを作ってくれる。

俺は7時になると毎日、新垣結衣にむかってこう言うんだ。

 

「いってきます。」

 

f:id:ebinokoshimaru:20180825195752j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195833j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195734j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195725j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195810j:image

これは凍らせた水。新垣結衣の大好物だ。ボリボリ食う。新垣結衣氷食症なんだ。首に当てると気持ちいい。

新垣結衣の首当ててやる。

 

「ひゃぁっ!」

 

新垣結衣は前にのけぞって、ゆっくりとこっちを見る。頰を膨らませやがって。可愛いヤツめ。


f:id:ebinokoshimaru:20180825195825j:image

 

数年前、新垣結衣と出会った街と同じ名前の神社があった。


f:id:ebinokoshimaru:20180825195721j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195738j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195741j:image

スペイン人のハーディとリリアンと俺と新垣結衣で一緒に歩く。

俺も新垣結衣も英語が全然ダメで🙅‍♂️

2人してグーニーズスピルバーグ!って言いまくってなんとか乗り切った。俺はひとえに結衣の笑顔のおかげだと思う。


f:id:ebinokoshimaru:20180825195821j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195717j:image

台湾人夫婦と俺と新垣結衣
f:id:ebinokoshimaru:20180825195829j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195756j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195805j:image

結衣が肩ビュンビュンいわせながら歩いたら向日葵枯れた。女優ってすげえ。

素直に伝えると少し照れながら

 

「そんなことないよw」

 

だって。

まんざらでもなさそうだ。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825195815j:image

f:id:ebinokoshimaru:20180825195729j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825195801j:image

今日の寝るとこです。

 

告別

f:id:ebinokoshimaru:20180819131942j:image

 

おまへのバスの三連音が
どんなぐあいに鳴ってゐたかを
おそらくおまへはわかってゐまい
その純朴さ希みに充ちたたのしさは
ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた
もしもおまへがそれらの音の特性や
立派な無数の順列を
はっきり知って自由にいつでも使へるならば
おまへは辛くてそしてかゞやく天の仕事もするだらう
泰西著名の楽人たちが
幼齢 弦や鍵器をとって
すでに一家をなしたがやうに
おまへはそのころ
この国にある皮革の鼓器と
竹でつくった管くわんとをとった
けれどもいまごろちゃうどおまへの年ごろで
おまへの素質と力をもってゐるものは
町と村との一万人のなかになら
おそらく五人はあるだらう
それらのひとのどの人もまたどのひとも
五年のあひだにそれを大抵無くすのだ
生活のためにけづられたり
自分でそれをなくすのだ
すべての才や力や材といふものは
ひとにとゞまるものでない
ひとさへひとにとゞまらぬ
云はなかったが、
おれは四月はもう学校に居ないのだ
恐らく暗くけはしいみちをあるくだらう
そのあとでおまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子とその明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへをもう見ない
なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮らしたり
一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ