The Internet - Dontcha

千の眼 / 田村隆一

 

八十八歳であの世に帰って行ったヘンリイ・ミラーは

その晩年にこんなことを云ってたっけ—

「ぼくの第一天国は母の子宮にあるときだった。永遠にそこにいようと戦ったけれど、けっきょく鉗子にはかなわなかった。」

子宮のなかで羊水にプカプカ浮かびながら

盲目で遊んでいた人間の子には

ヒエラルキーはなかった

せいぜい母胎の営養だけがちがうくらいだが

これだって目くじら立てるほどの差別にはならない

ぼくはミラー氏のように鉗子のお世話にはならなかったそうだが

この世に投げ出された瞬間

産ぶ声をあげなかったから

産婆さんがぼくの両足をにぎって振りまわしたという話を

母から聞いた

産ぶ声

というといかにも景気が良さそうだが

あれはこの世に生まれた悲しみの第一声にちがいない

産婆さんにさかさまに振りまわされたおかげで

ぼくはこの世をさかさまに見る癖がついてしまったのかもしれない

松尾芭蕉西脇順三郎

詩人になるためには乞食にならなければならないと本気に考え

日夜研鑽したヒーローだった

乞食になるために彼らがどれほど苦労したか分からなかったというエピソードを読むと

乞食が詩人になれるわけがないことがよく分かる

芭蕉も順三郎も

乞食に生まれなかったものだからじつに可哀相である

芭蕉も桃青時代のように下級武士だったらよかったのに

順三郎は地方銀行家になるべきだった

彼らを詩に駆りたてて

乞食願望をうえつけたのは

一ヵ月もしないうちに

目が見えるようになってしまったからだ

ミラー氏は子宮の天国とこの世の天国とを説いてぼくらを慰めてくれる—

「子宮時代は素晴らしかった。とても忘れられるものじゃない。ぼくの欲しいものは、

ほとんどすべて備わっていた—友だちを除いては。どんなに心地よく憂いなしとしても、

友だちのいない人生なんて人生じゃない。

子宮の天国と友情の天国との相違は、子宮のなかではひとは盲目だということである。

友だちはきみに、インダラの女神のように、

千の眼を与えてくれる。

友だちを通して、無数の人生を経験する。

違った次元をみる。

さかさまに、

また、

裏側から、

人の世を生きる。

きみの友だちの最後の一人がこの地上から消え失せたとしても、

きみは現に独りではないし、将来とも決して独りとはならないだろう。」

ミラー氏の盲目の生に千の眼を与えてくれたニューヨークのブルックリン横丁の友だち

芭蕉の盲目の生に千の眼を与えてくれた唐・宋の詩人たち

順三郎の盲目の生に千の眼を与えてくれた古代的歓喜と近代的憂鬱の造形者たち

 

ぼくは

乞食に生まれてほんとによかった

乞食になるために知的努力をしなくてすんだのだから

ぼくの盲目の生に千の眼を与えてくれたものは

東京府北豊島郡巣鴨村字平松の

雑木林と細い川と鉄道院の貨物列車が通過するたびに

ガタゴト振動する土手下の竹藪のお化けが出そうな生家か

 

ぼくの千の眼が見たものが

八十年ももたなかった帝国の崩壊と

都市化現象という田舎と

ロリータ・コンプレックスの青年の共同幻想

「黄昏」だけが世界一長くなった長寿国では

とても詩にはならないよ

赤字国債を消化するためにどんな悪性インフレが襲ってこようと

ぼくは長い長い黄昏の乞食にはならないからね

白夜の詩を書く時間があったら

インフレ・ヘッジを考えておくこと

乞食には

もう倦きたよ

バイバイ

偽悪の読者諸君!

夜のビールの飲み友だちよ!

 

 

 

石崎ひゅーい "Huwie Best"

常夜灯だったら

なんにも考えずぼんやりとしてられた

下書きにあった、意味わからへん、同居人が作ったまんまの味噌汁飲む、たぶん3日前のフットーさせれば平気やろ、汚いとか、片づけてなくてごめんとか、ぶっちゃけどーでもいい、気づいた人がやればええし、気づいてやらんのも人生やし、な、優先順位がわからん、けどさみしさには何回か優勝してる、初めてのスパイスカレーは失敗した、わからん、スタジオに入りたい、どちゃくそ、けど入れん、入れんくてもええやんってなる、入れんほうがええやんってなる、こうなる思考パターンがわからん、けどなってんねん、マイナスに、"選ばれざる"方へ、選択肢、選択して、どうどうめぐり、する以前に立ち返っている恐怖、わからん、明日がこない、確かは来ているよ?、でも来ていないんよ、今日がまた始まる、延々とその感覚、965日は無限に引き伸ばされた今日で、今日という日は凝縮された今日なんだね、ああ、😀笑最近救われたことばは、自分の退屈をドヤ顔で見せれん奴は芸術家になれん、ってことば、だいたいあってるはず、マジでヤベー救われたぜ、喰らった、スピノザとハイタッチ、サンキュー神様、生きてるぜ、なんて、結果10日間くらい誰とも会ってない、これも12日前の下書きに書き足している、不眠と偏食が酷い、唇も荒れているたぶんビタミンが足らん、食欲がわかない、胃が痛い、けど食べなきゃいかんから食べる(ウィダーを)、10分チャージ、ウィダーすらゆっくり、胃にものを入れても痛い、拍車拍車、食事嫌いに拍車がかかる、2日日間ほどベッドの上ですごす、Google先生謝謝、胃痛について調べている過程であいみょんにたどり着く、ひゅーいくんベスト出すんや直太朗さんコメント寄せてるやん!同じ大学卒業してるやん!なんとなく聴いてなかったけど聴いてみるか、うわぁ!めっちゃお腹痛い!お腹いった〜〜っ!次の日にさすがに病院にいく、S谷のサイコパス胃腸内科クリニック、電話、午後イチに来てくださいと言われる、雑居ビルの4階へ、なんで病院の待合室って淡いグリーンなんだろう、問診票にえび丸って書いたら受付のおばさんにど突かれる、ナマ言ってんじゃないよ、すみませんすみません、お腹痛いんでボディはやめてくださいすみません、ありがたいことに院長先生が対応してくださった、今日はどうされましたー、ぽんぽんがとってもいたいんです、お腹見ていくからーベルトゆるめて服まくってねー、はい、じゃあ1つづつみてくから痛かったら教えてくださいね、わかりました、まず左下大腸から〜、

f:id:ebinokoshimaru:20180508132119j:image

パァン、えっ、、次、真ん中下小腸〜〜、パァン!、うっ、、はい胆嚢〜〜、ドガッ、ぐぅ、、"こいつ"的確に内臓にダメージを与えてくる、、し素人じゃねえ、大丈夫ですか〜〜、フラフラですよ〜?点滴打っていきますか〜?、!?こいつ、、医者じゃねぇ、、サイコパス野郎だ、、、すみません、予定があるんでもう帰ります、わかりました!じゃあお尻からトマトが出たらおーいちごーななだから大きい病院いってね〜〜お薬適当に出しとくんで!、あ、ありがとうございます、、

私はクリニックをでる
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるクリニック……
人気メニューは……にんにく注射……

Awich『8』

ハイサイ!陽気に挨拶してみんさい、少しは心が楽になるかもね😀ぴーよぴーよ頭がぐわっとなっていてあかん、またはかまへんって、昔のノートを引っ張りだしてパラパラ、あかん、この時もあの時も頭がおかしい、しかも無敵や、なんやしっかりしろや、才能か、写真歌集、を出そうかなってズバーって思いついた、思った、写真と短歌、このノートをつかってたころ、短歌必死になって作ってた、5個前くらいの、日記で偉そに短歌について語ってたけど、わしの周りが愚かなで馬鹿な短歌が溢れてるだけで、いい短歌はたくさんある、そんでノートの写真をパシャパシャ撮った、右にドリカム短歌、ぼくの短歌、演劇やってるへんな女にドリカムの歌詞みたいだねって揶揄されて、馬鹿にしてんのかされてんのか馬鹿だからわからんかったけど、今ワシはドリカムみたいだなあと、とは思わんけど、中学生のバレンタインチョコみたいやなあと、ツイッタに流れてくる短歌を見て思うので、たぶん馬鹿にしてらっしゃるなあと、自分の短歌もそうかわらんから、6年くらいの歳月を経て思う次第でどんだけ自分が好きやねん、自分のノートの写真と恥ずかしい短歌を一冊にまとめる、って、どんだけ自分すっきゃねん、自分だれ?、どこに需要があって作ろうて思ったん、どういう算段で作るつもりなん、っておもってメモ、

自分のノートの写真

昔の短歌

いや、どんだけ自分すっきゃねん!!!!!!!

お前ちょっとしたサイコパスか、赤ん坊の、第一子の記録か、なんか罰でも受けたんか、あら、ここ最近の己の紙媒体もあったやん、って、いま思い出す、あの紙も引っ張り出して読み返さななって思う、サビが全然おもいうかばん、昔の自分に頼るしかない、そういえば、18歳ぶりは嘘かもしれないけど、電車で倒れる、倒れこむ、んでもってねれん日々がつづいてる、1日がめちゃくちゃ長いくせにはちゃめちゃに短い、なんやこれ、って呟くころには22時で、気づいたらめためたに咳き込んで朝の四時になってはる、んで朝の7時に必死になって目を瞑る、ぶっちゃけ1番嫌いな街は川越です、それゆえ埼京線も嫌いです、共感覚者の気持ちはわからんけど、こんな感じなんやろなって想像することはできる、川越の文字みただけで、震えとまらんもん、今でも吐きたくなるし、だから時たま羨ましくもあるし、まあ地獄、地獄なんやろな、なくなってしまえ!って思うことたくさんあるもんな、どんな人でも、毎日が具体にならんのですわ、おなかに、ぶっとい鉄骨が刺さっとるのが痛いほどわかっているのに、カフカの城ですわ、伏線回収はいらんのですが、マジで具体にならん、身にならん、クソみたいな毎日をおくってる、この文だって、読めばわかるか、ひとっつも具体なんてない、正しいことなんてない、ばって書いて、いみわからんから、合間合間を補足してる、補足せなあかんことって、意味あるんですか?補足せなあかん人生っなんですか?声をね、あげない、ださないことは、生きながらに死んでるのと同じなんすわ、左🙆‍♂️はきっと寂しがりのあつまりですよ、まっとうにまっとうに、まっすぐにまっすぐに、なればなるほどゆがまっていく、ワシノスジがきっといかんのですね、わしの最近のくだらない悩みは、インスタとツイッタを消すか否か、な、これ以上人との繋がりを断ち切ってどうしようってんだ、人との繋がり?繋がり?笑SNSが、あいあい、5分起きにこんな感じの脳みそです、ほんま外でえへん、おやすみ。

Anna of the North - Oslo

離脱とあきらめの彼方に死があるはずなのに、深夜4時、便器に腰をかけていると短い廊下のほんのすこし先にいるのがわかる、同居人がうるさくて眠れない、(のかもしれないし、)脳が覚醒していて眠れないのかもしれない、ものごとの繋がりがなくなった、それぞれの事象は別々に存在し、個別発生(および唯我独尊)している、この部屋に(ないし外に)ばら撒かれたすべては、それぞれの"衝動"でしかない、しょうゆはしょうゆの衝動として存在(衝動)している、これはしょうゆではない、しょうゆの衝動だ、まくらもつくえも、まくらの衝動であり、つくえの衝動だ、過去のない衝動だ、(もしかしたらこれは詩かなにかか?)作り手のいない、過程のない、担い手もいない、いまこのときに、飛び出た、衝動、としてのしょうゆ、誰かに製造され、真空パックされ、箱詰めされ、配送され、陳列され、買われ、つくえに並べられたしょうゆではない、これはたったいま、自らの意思で、これらのコウテイをすっ飛ばしいまに飛び出たしょうゆだ、しょうゆの衝動だ、しょうゆの衝動が具現化してしょうゆのかたちになった、触れることのできるしょうゆの衝動だ、まくらだってそうだ、つくえだってそうだ、誰にも作られちゃいない、誰にも買われてなんていない、衝動だ、衝動でここにある、衝動で現出したんだ、数ある銀河のひとつとして、

f:id:ebinokoshimaru:20180410042041j:image

衝動、的だ、支離滅裂だ、物はアスペルガー、統合性が存在しない、意味があって1つのカラーボックスに、その一段にまとめたはずなのに、そこに意味はなかった、本が、こまかく震えている、これは僕の脳が一時的に見せている幻覚のようなものなのか、それとも、いままでとは変わってしまった、(もののみかたが180度変わった)ということなのか、悲しみは喪失だ、なにかを失うことだ、なにかを失うことが、"とてつもなく悲しい"のだ。

f:id:ebinokoshimaru:20180410043119j:image

 

Maggie Rogers - Alaska

人ばかり気になるのは自分のやるべきことに集中できていない証拠、そういえば小さいころから(食事中に)「こうしたほうがおいしいよ」と言われることが多い、一手間くわえることで、もっと美味しくなるのに、もったいない、究極、めんどくさがりなのかもしれない、効率が悪いと思っているのかもしれない、それよりもはやく、今現在感じている欲を満たすことの優先順位が高いだけかもしれない、それ以外のことを考える、アレンジしようと創意工夫に富む余裕がないのかもしれない、個々人の弱さを感じる、ありがた迷惑すぎる庇護を感じる、途端に文句をわめきだす凡夫だ、肺が熱い、ヒューヒューと熱波を吹き上げている、心があるのなら、きっとこの辺りなのだろう、なにを?裸でなにを?ああ、。

f:id:ebinokoshimaru:20180409222545j:image

 

誰かに物を言うとき、怒るとき、諭すとき、その人に対して怒っているはずなのに、だんだんと自分のことのように思えてくる、はたして、ほんとうに、わたしは、ぼくは、こいつ、いや、この人物に、"対して"、いかって、怒っていたのだろうか、"こいつ"にぶつけていることば、の数々は、ぼくにだって当てはまるじゃないか、当てどころのない自分に対する怒りが、こいつに向かっているだけで、つまるところの、やつあたっているだけじゃないか、いいあぐねる、どもる、のみこむ、かなしい、というよりも、悔しい、どこまでも人間だ、嫌なものは嫌で、好きなものは好きで、いままでも、そうであって、これからも、そうなんだ。

f:id:ebinokoshimaru:20180409222800j:image

 

日々が、毎日が、繰り返しているんではない、澄まし顔で、私が、私を、繰り返している、いつまでも、いつまでも、気がつかないままで、私は、わたしを、くりかえす、プロフェショナル、草よ、燃えないでいてくれ、花よ、咲かないでいてくれ、ミサイルよ、落ちないでいてくれ、金よ、なくならないでいてくれ、山よ、ほんの少しそばにきてくれ、海よ、波立たないでいてくれ、アルコールよ、影響しないでいてくれ、薬よ、脳みそを無視してくれ、なあ、頼むぜ、俺は、電源を落として、棒で地面に、まるかばつを描くから。

今夜だけ - 卓球と旅人

知ってるか、街路樹は日本政府の以降で全部"偽木"にすりかえられている、精巧にプログミングされていて、葉っぱも落ちれば、枝もほんの少しだが伸びる、春になれば花も咲く、だけどプログミングされた以上に"成長"はしないんだ、どうも人は(僕は)フォレスト・ガンプにはなれないらしい、個人を全体に仕立て上げるのはやめよう、もう目の前はみない、目の前にあるのはいつだって与えられた"常識"だ、身体から、または心から生じる抵抗を信じる、直感と不安を信じる、きようき、狂気の境界線なんてなくて、はたからみれば、いっぽうは狂っていて、もういっぽうはなにがなんだかわからない、誰にも(自分にさえも)、わからない、盗難は思考にまで及んでいる、あんなに大きかったレコードはもう概念に成り果てた、トレーナーの下に隠すのがやっとだったのに、またまた不眠がやってくる、ふと隣を見たらいる、けれど朝になるのがだいぶ早くなった、アルミホイルを食べる、アルミホイルは飲み込みにくい、タバコを吸う、一本で咳が24時間は止まらなくなる、腕と足があがらない、ワクワクしながら帰る、2分でダウン、気づくと寝ている、不眠じゃない、眠れないだけだ、1時間半ほど眠る、さうだ、短編だ、ショートショートの夢をみる、知らないばばあ(おばあさん)、知らない青年、知らない猫、知らない犬、知らない場所(のような気がする場所)、

f:id:ebinokoshimaru:20180402224145j:image

暗示ではない、きっと願望だ、それでいて限りのない私だ、私は、私の知らない人に謝ってほしい、私は、私の知っている人に笑顔でいてほしい、そんな夢だ(気がする)、猫は今日も知らない誰かのために今日も祈っているというのに、いまさらになって坂口恭平を聴く、ベルグにCDを買いにいったけれど開封せずにそのまま無くしてしまった(ような気がする)ことを覚えている、アルバムの発売日から察するに2015年のできごとらしいがもう少し前の、2014か13くらいの気もする、最近のできごとは2つ、信号待ちで祈るようになった、深夜の誰もいない、車の通らない信号でも、青に変わるまで待って、その間は祈るようにしている(生きとし生けるものすべての幸せを)、それと曲に救われることが3月半ばから多くなった、(思い返せば尾崎からかもしれないが)過去の自分から救われつづけていた自分には驚きを隠せないほど大きな変化で、やっとこさ人の気持ちがわかるようになったのかもしれないが、なんともいただけない変化の1つである、感動なのか救いなのかは今だ決定的ではないが、リスナーとして聴いて、いる自分がいる、聴者として、音楽と感情を使役してしまっている、今までそこには音楽と生み出した人に対する敬愛が介在していたし、(恥ずかしい話だが)対等であろうとする自分がいた、どんな曲を聴いても歌詞とメロディ以上のものが見えてこない、僕はいま間違いなく音楽に壁を感じている、症状をGoogleの検索欄にいれてみたら咳喘息らしい、自分の思い通りの答えがインターネットには散らばっているので、思い通りにいかなかったらイライラする人も増えるわけだ、いたずらに太もも毛を剃ったらかぶれて痛い。

f:id:ebinokoshimaru:20180402231115p:image

ほぼ日刊SPAM料理新聞

わっちはSPAMがしょうもないスネークするぐらい大きな声で「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は漫画週刊誌の日ってこともあって、スパム・たまごのせごはんに決めた。
わっちはこのスパム・たまごのせごはんに梅干よりも甘いぐらい目がなくて10日に3回は食べないと里芋の皮っぽい寝落ちするぐらい気がすまない。
幸い、スパム・たまごのせごはんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキショい白飯と、覇気がないラディッシュ、おろかなクランベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を71分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの安全性の高い香りに思わず、「『左側失調』は開始するッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキショい白飯をスターライトブレイカーするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ラディッシュクランベリーをザックリとひろがっていくようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く63分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ気が狂いそうなくらいの叫び声で転生するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらマッシュルームサラダをつまんだり、緑茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
おののくような旨さに思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とつぶやいてしまった。
スパム・たまごのせごはんは虚ろな晩酌ほど手軽でおいしくていいね。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。