Echo - Calling on Wonders

今一度考えている。恩は遠くから返せという言葉を考えている。遠くを近くに、近々に見てしまうからことばが曇るのだ。"遠く"をちゃんと"遠く"にしてやる、何世代も、何世代も前に、後ろに、(タイトルにしたEcho、フルアルバムがYouTubeできけるのでぜひ)と、ふと頭をよぎったことばがだったけど、深く考える必要もない気がしてきた。そして、ふと、新しい句集『アンダースロー・光』には詩を2つつけようと決めた。一編は『17時になっても明るいままの空をじっと見つめていた』から、もう一編は書き下ろし、というか先ほどワッとなったのでスバっと、どちらもどうにかして演奏、伴奏、バックミュージックがつく予定。

 本日2回目のベローチぇにこもる。今年に入って2回目の喫煙席、3ヶ月ぶりのアメリカンコーヒー、目の前にしただけですでに胸焼けぎみだが、即興的に仕上げてしまいたい、即興演奏をのせるよていなので、21時前までに終わればいい、そうしたら家に帰ってイベントの曲順(どうやらDJをやるらしい)を22時から24時まで考えたい。そんで25時ごろに就寝できたらいい。久しぶりの取らぬ狸の皮算用。

自分で作ったものは、無駄にしない。作品はもちろんのこと、時間だってそうだ。だから相手が作ってくれた作品、つくった作品、つくってくれた時間、つくった時間が尊いんだ、リスペクトするんだ、リスペクトできるんだ、それをぴーからぴーから言う奴はその人に対する時間と、それを作ってきた(クリエイトする)時間が足りてない。(ぴーから)

いままでの詩体験は詩体験でない気がしてくる。即興はその場の話をしているんでないよ。即興はぼくの涙やあなたの涙や感動を見据えて、見て、見て見たくて、未来の涙を見て、刻の涙を見て、そこに向かっていく、その場はその場ではない、即興は即興ではないんさ、ありもしなかった、みらいにはありえた、だろうものを、ほんとに、していく、あなたの涙を思い浮かべて、即興、しているんだ、よ。即興が即興で終わる限りは、即興で終わってしまうんだ。即興を、いかに本音にしていくか、それが即興のおもしろさだと、ぼくは思うんだけど。

19:53、たぶん完成。明日録音、即興できたらいいなと思う。帰る。

19:59、トイレに行き損ねたので、東急のトイレにいく。席を立つまでは覚えていたのに、たった瞬間どうやって録音するか考えてしまいトイレにいくことを忘れる。ちなみにこれはトイレではなく歩きスマホしながら書いている。

 20:12、インフルエンザ対策でマスクをしながら自転車をこぐ。タバコとコーヒーのせいで口臭がドブ臭くて落ち込んでいる。近くのスーパーが閉店した。

20:34、手洗いうがいのち、おばけなめこを包丁で切る。今日はおばけなめこのみそ汁。

 

f:id:ebinokoshimaru:20180218220726j:image

24:39、目隠しをして曲を作る暗闇作曲法を考案し、2時間ほど実践してみる。成果は上々、。明日は早起き。

25:17、朝ごはんを食べる。

26:30、就寝。