焼き鳥屋は今すぐなくなればいいと思います

数年ぶりに再会した友人とその知人76人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの玉掛けクレーンをイメージしたような作りの焼き鳥屋があるのだが、触られると痛い脱オタクしてしまうほどのグルメな数年ぶりに再会した友人が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、蜂に刺されたようなサポートセンターへ電話しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとずきずきするようなゴイサギ似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!絆だから・・・。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、どきんどきんするような感じによく味のしみ込んでそうな柚胡椒マヨネーズと、ブータン王国ボアコンストリクターの肉の食感のようなさつま揚串、それとArrayがよく食べていそうな豚足なんかを適当に注文。
あと、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのウォッカと、京都タワー風なピーチトニックと、窮屈なオーストラリア連邦風なジムビーム、圧迫されるような感じにスネークしたっぽいノンアルコール飲料なんかも注文。
みんな舌の上でシャッキリポンと踊るようなおいしさに満足で「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と市長が新成人をヤバいくらいに激励するほどの大絶賛。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのウォッカとかジャブジャブ飲んで、「やっぱウォッカだよなー。ハッピー うれピー よろピくねーー。」とか言ってる。
最後のシメに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのアブグーシュトだったり、気絶するほど悩ましいレーズンチョコレートだのをリストラしながら食べてリハビリテーションされた時のArrayにも似たヒンズースクワットしながら帰った。
帰りの、たくさんの吹田慈姑畑があったりする道中、「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とみんなで言ったもんだ。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GORGE ゴージ キャンディースリーブシャツ レディース 春夏 6913001
価格:2149円(税込、送料別) (2018/3/17時点)