俺と新垣結衣 2日目

ぉ、、て、、、ぉき、、、、、きて、、おきて、、!

f:id:ebinokoshimaru:20180825201619j:image

 

んん、、、

なんだ、、新垣結衣か、、


f:id:ebinokoshimaru:20180825201542j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201614j:image

 

清々しい朝だ。

新垣結衣

「きよきよしい♪きよきよしい♪」

なんて変なリズムで口ずさみながらスキップしている。

 

結衣と一緒にいると心も足も軽くなってくる。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201546j:image

 

誰もいない朝の神社。

打ち捨てたられたようにも思える。

神様ももういないかもしれない。

ここには俺と新垣結衣しかいない。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201502j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201537j:image

 

ナスとニンジンと俺と新垣結衣

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201526j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201425j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201448j:image

 

今日はバイパスのあたりを歩いたり

 

川を何本か超えたりする。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201516j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201507j:image

 

徳島で初めて店に入った。

 

f:id:ebinokoshimaru:20180825201458j:image

 

煙草ふかしながらうどんを作ってくれる最高にファンキーなばばあの店だ。俺も新垣結衣もこういう店が大好きだ。

 

名物はたらいうどん。

たらいに少量の水と氷と煙草の灰とうどんが2玉入ってるぜ。

結衣は文句も言わずに美味しそうに食べていた。

俺は結衣のそういうところが大好きだ。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201420j:image

 

帰りぎわによもぎ餅を2つくれた。

結衣とありがとうございますとお礼をいって店をあとにした。

 

あとで2人で食べよう。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201433j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201629j:image

f:id:ebinokoshimaru:20180825201604j:image

 

なにを伝えたいかわからない看板。

 

「ほんとっそういう変なヤツ好きだよね!」

 

熱心に写真を撮ってたらうしろからドヤされた。

少しムッとした俺は、

 

「でもそんな変なヤツか好きな奴を好きな奴は〜〜?」

 

と返しってやった。

一瞬だけ考えて結衣は顔を赤くすると、物凄いスピードで先に行ってしまった。置いてかれた。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201444j:image


f:id:ebinokoshimaru:20180825201453j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201512j:image

 

荷物を降ろし川を見ながら20分ほど休憩する。

 

「さっきは冗談いってごめんな。」

 

いちおう結衣に謝っておく。

 

「べ、べつに、、冗談じゃないから、、いいよ。」

 

「え?」

 

だんだんと声が小さくなって聞き取れなかったので聞き返してしまった。

 

「なんでもない!」

 

これ以上は聞かないでおこう。川がきれいだ。

 

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201558j:image

 

すっげえクッセェ道

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201532j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201624j:image

 

日差しが真上から照らし続けるなか、まっすぐな道をひたすらに歩く。

日陰になるものがない道は、さすがに結衣もキツそうだ。

結衣に大丈夫?って聞くと、

 

「日焼け止め塗ってるから大丈夫!」

 

だって。

そういうことじゃないけど。

でも、結衣がそうならそれでいいか。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201438j:image
f:id:ebinokoshimaru:20180825201522j:image

 

おしまいみたいな茶屋。

 

俺が結衣に

 

「おしまいみたいだねw」

 

って言うと

 

「もう終わってるよw」

 

って返された。

夕日とともに振り返ったその笑顔が眩しすぎて、俺はつい、

 

「南無大師遍照金剛。」

 

って、拝んじゃった。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201609j:image

 

お銭湯様のご厚意で止めていただく。


f:id:ebinokoshimaru:20180825201551j:image

 

まさかのジェルボール

初めて使うぜ。

 

結衣も

 

「はじめて使う〜w」

 

と心なしか嬉しそうだった。可愛かった。

2人で汚れた服を洗濯して、乾燥機に入れた。楽しかった。

 


f:id:ebinokoshimaru:20180825201429j:image

 

今日の寝るとこです。合掌。